忍者ブログ
ぼっちサークル『Re.set』の活動履歴
[114] [113] [112] [111] [110] [108] [107] [105] [104] [103] [100]
というわけで、前回のエントリに引き続き、募集しておりますという話。

C92発行予定【艦これで満洲観光案内本】執筆者募集http://twipla.jp/events/240694

満洲好きそうな方に絨毯爆撃的に執筆依頼をするかもしれません。もし爆撃されてしまったら、時間とお手間と割いて頂けるようであればヨロシクお願いします。
もちろん、俺にかかせろ! という方の立候補もじゃんじゃん受け付けております。重ね重ねよろしくお願い候。

というわけで、前回のエントリで書ききれなかった続きを、興味ある方だけどそ。
2日寝かせたんですが、あんまりまとまってないんですが、こんな感じなんでございます。


いう事で、以下、つらつらとサンプルにも書いた「なんでこんなん作りたいの?」の蛇足。興味のある方だけどぞ。

+ + + + + + + + + +


 もはや艦これの二次創作じゃなくて普通に1次創作でやってもよかったんじゃないかとおもっている間宮さん本の話。
 ベースが、祖父のシベリア抑留話なので、それ関連や、ソ連が侵攻してきたときの体験談とかを漁ってたんですが、読むとものすごい鬱になってしまうんですね。自分が当事者でないのにエア被災するようなもんで。でもその話を書きたくてかきたくてかきたくて、調べててもやっぱり辛いんですね。へへへ。
 で、そんなときに、ある資料を手に入れるのですね。
それがこれ↓

昭和13年に発行された満洲の交通会社各社が合同で作った、満洲国内の観光案内パンフレット。
 これを手に入れた瞬間、ズバーンって来たんですよ。
もうキラキラしてるの。キラキラ。いうならば宝石箱。
 今まで読み込んできた資料が、シベリア抑留や満洲からの引き揚げ話のようなものばっかりだったからか、これには衝撃を受けましたん。
 引き揚げ話を書いてる人の本の中でも、満洲は楽しかった、という記述があったりするのですが、やはり引き揚げの話がショックで、その「楽しかった」という思い出の部分に関してイマイチ ピンとこなかったんですね。

 でも、これ見たら、その「楽しかった」と言ってたことが凝縮されているようで、こういう視点から満洲の話を書いてる本はないのか? って思ったんですよ。
 
 そりゃ、元々住んでいた人をおっぱらって入植したりとか植民地支配してた、とはいえ、そこにその時期に住んで、生活していた人がいるわけで、そういう楽しい思い出を持ってる人もいるわけですよ。たぶんウチのじいちゃんもそう。
 それを「日本が悪いから!」「犠牲になっている人がいるのに!」という理由で、当時は良かったなぁ、と個人的に懐かしむ人を責めるっていうのはちょっと違う気がするのです。
 満洲関連の本を読むと、中国へお伺い立ててる記述がものすごく目につくわけです。もちろん、それは重要。わかる。わかる。すごく大事なこともわかる。
 
 1月、ちょうど祖父の葬儀にでるついでに満豪開拓平和祈念館に寄ってきたんですわ。
みっちりと展示を見て、聞いたんですが、一つ、引っかかったことがありました。

「実際に開拓団で帰ってこられた人から『日本人が行ったことで農業技術が発展した』って言われるんですけど、そういう視点もあるかもしれません。でも、現地の、中国の人たちの命や生活を奪ったことには変わりないので、それに関しては一旦置いておいておきましょう」

 解説のお姉様、そう言いました。
 そこはそういう、国策やなんやで満洲に行って悲惨な目にあった人たちのことを忘れないための展示をというのは分かるんです。
でも、個人的に
「一旦、置いておきましょう」と、置いておいたことは、どこで知れるの?
その人たちの想いや、生きてきたことを全否定してもいいの? 

って、純粋に疑問に感じました。

 たぶん、それを言った開拓団だった人は、たぶんきっと、「中国様に悪いことをしたからお前の思い出なんてものは悪でしかない」と、言われたのも同意に感じたんじゃないかなぁって思うんです。
 もしかしたら、ずっと周りからそういわれ続けてたんじゃないかなぁ、なんて勝手に妄想すると、すごく辛い。
 しかもその人、開拓団で戻ってきて、さらにその後、日本でも満洲からの戻ってきたやつだ(甘い汁を吸ってたやつらだ)とか、戻ってきても耕す土地ないから余所にいけ、とか言われたかもしれない。
 そんな苦労をされてきて、『満洲にいたころは良かった』『私たちが行ったことで良くなった面もあった』とつぶやくことすら「中国に失礼だ!」のひと言で、許されないってどうなんでしょ? 

というわけで
 世の中に一つぐらい中国様の顔色を伺わない満洲の本があっても良くない???
 なんで艦これやねん、って言えば、そこら辺は自分の趣味で……。(てへへ)

 当時の人々思い描いたマンチュニアンドリームの断片を少しでも感じて頂きたく……というのは建前で、度々の詰まり、俺が読んでて気持ちのいい満洲の本を俺がつくるんじゃぁ! というわけで、皆様のご尽力をお借りしたい次第であります。

・・・えっ?! 中国様がこわいから興味があるけど、参加は・・・? だって? 
大丈夫大丈夫! 中国様がこんな小物が作る、しかも一般流通でない本をチェックするはずもないんで大丈夫! 仮に中共から狙われることがあったら、逆に勲章ものですぞ! またとないチャンス! ほら!! あなたも参加するしか!!!!!!!!!!

 以上、ご静聴ありがとうございました。よかったら参加して下さいね。匿名でも大丈夫です。お待ちしております。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/13 りりあ]
[05/31 妙子]
[09/22 妙子]
[08/16 りりあ]
[08/16 妙子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
りりあ
性別:
非公開
自己紹介:
主に海外の戦争廃墟にヒギィっていっちゃう変態です
バーコード
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) information of ”Re.set" All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]