忍者ブログ
ぼっちサークル『Re.set』の活動履歴
[1] [2] [3] [4]
あれは確か8月だか、9月だか(年を取ると日にちを忘れてしまう…)だったような気が。
 町田フィガロせんせーのおうちに「あーそーぼー」って行ったら、丁度、修羅場中でして。
ごろごろごろごろと本棚の本を寝そべりながら原稿あがるのを待っていたんですが、早く遊びたい一心で、せんせいがトイレに行ってる隙に、重箱の隅をつつくように関西弁の赤ペンチェックしました。てへ。
 という、ビッグなお節介をかましてしまった作品が出来上がって、サンプルを聞かせてもらったんですが、

もう、ホント、すげぇの。マジすげぇ。

 ↓↓恐れおののいたので、みんな聞いて驚愕してください。↓↓ 関西弁のソープランド店長がやさしくてほどきしてくれるラブラブな18禁(?)女性向けボイスドラマ(?)なんですが。
 サンプル聞けばわかるんですけど!!!!!
 こんな逸材がどこに?!?!?!?!?

と、いうぐらい、ナチュラルな関西弁を操る声優さんなんですよ!!!!!!!!!!

ほんとに!!!!!!!!
 ここまで自然にセリフを言ってくれる人がいるなんて!!!!!!!! って思いました。
 
 よく、関西弁のキャラいますやん? でもちょっとみんなエセっぽいやん? 関西の人を使っててもイントネーションが違うことあるやん?

でもな、でもな、この人、本当ッッッに、関西弁なんですよ!!!!!!!!!!!!

 びっくり!!!!!!!!!!!!
 語彙力なくなるぐらい!!!!!! 逸材!!!!!!!
 ちょっと、業界関係者の方?
 関西弁の男性キャラ使うとき、この人に任せたら間違いないですよ!? 
マジメにおすすめします!!!

 どっちかというと、関東の人よりも、関西の人にお勧めします!!!
 というのも、あまりにもナチュラルすぎて、関東の人が聞くと(というか、エセ関西弁を聞いてる人からすると)逆にウソっぽく感じてしまうかも?
 でも、関西人が聞くと、「本当に口説かれてる感じ」がして、ヒャァァァァ! ってなります ヒヤァァァ!

 うそと思うならとりあえずサンプル聞け!!!
 
 このサンプル、何気に通勤中の電車の中で聞いてたんですけど、事前に原稿読んで内容知ってるにもかかわらず、ニヤ気がしてマトモな状態では聞けなかったです(というか聞くなよ)

 いい年こいたオッサンですら、悶えてしまうこのボイスドラマ、
本当にオススメなので、聞いてくれ!!!!!!!!!!! 
そして買って!!!! 
そして続編を作ってもらいたい!!!! お願い!!!!

 りりあたんからもよろしくお願いしときます! たのむで!
PR
 だれも楽しみにしていない攻殻機動隊ARISE基準のにじえろだよ!

「酔狂な彼女」/「りりあ」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=10091364


冊子版あとがき(後略)
 今回は話がない話だったので、エロシーンに力入れてみたら、
そっちにリソース割かれて、あとがき書くの忘れてました。
 というか、お前の本というか、紙の束なんて、
あとがきがなかったら、トイレットペーパーにもならない紙くずじゃ! 
 というわけで、あとがきを楽しみにしていたみなさん、大変申し訳ございません。
 うかつに手に取ってしまったあなたの不幸を呪ってください。
 1月のこみトレで初めて「攻殻の二次創作」をやってみたんですけど(文章固すぎて自分で読み直せないぐらい恥ずかしい)
そんときに『同じテーマで押井版とARISE版も書く!』と公約してたのと
 あと、売り言葉に買い言葉的な感じで友人??? に「いちゃらぶ書く!」っていってしまったので、その約束も果たしました。

すげえ! 今年の俺 すげぇ! ちゃんと同人誌の続き物を完結させたし、公約もはたしたよ!←

 というわけで、今回はARISEのバトーさんと素子基準でエロかきました。
 まあどっちかというとARISEというより新劇場版のあと、みたいな感じですね。

 いや、というか、
 そもそもARISEの素子とバトーさんにそんな要素ねぇだろ。
ねぇわ。
知ってるわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 
 てな感じで、ないものをくっつけるために酒飲ましただけの話もオチもない話なので、エロシーンだけに全力を注ぎました。めっちゃ疲れた。
 これが果たしてヌケるものなかどうかはわかりませんが、たぶん今まで書いた中で一番エロくて、一番(当社基準ではない)甘々いちゃいちゃものじゃないんでしょうか・・・・・・・・・・・・。

 途中で何度も、ここで切っていきなり朝にしよう。。朝チュンにしようと5万回ぐらい思いました。
 あまりに疲れたので途中でエロシーンほったらかしてラストを書いて
「( ゚∀゚)o彡帰納法! ( ゚∀゚)o彡°帰納法! 
ここでエロシーンが力尽きても、話としてはちゃんと終わる! 安心して書け!!」

 とかやってみたんですが、 
逆に「あかん、これ、途中でエロシーンをブチきったら、つながらんやつやん・・・」と気がつきつつも
 やっぱり「短編だからラストをかかなくて、ここでおわってもいいやん」とか悪魔がささやき、
さらに「おまえの二次エロなんて誰も望んでないんじゃ」という周囲のご声援も頂いて、
 まあまあ無配本レベルには達したんではないでしょうか。。。(自画自賛)
 ああ、しんどかった。
 
 あと、もうひとつ苦しめたのが、
「ARISEの少佐ではなく、坂本真綾の声で変換される問題」
 コレ、これだよ、コレ。

「ARISEの少佐」として書いてるのに、頭の中では「ARISEの少佐」ではあるんだけど「坂本真綾の声」になっているので、
「あ、あかん、坂本真綾が声を当ててるキャラクターにこんなことさせたあかん・・・!」
とか、
エロシーンが、どうしても坂本真綾の可愛い系キャラの声で変換されて、
「あっ、あっ、これはARISE素子というよりも坂本真綾が演じるさわやか可愛い系のキャラの声であえいでる、あかん」
 という、今まで起こったことのない現象に悩まされました。
 
 エロゲのシナリオライターの人が「あっ、あっ、あの人がこのセリフいってくれるんだ、ハァハァ」とか思いながらテキスト書いてるって聞いたときに、「んなことおもったことねぇぞ」と思ってたんですよ。

 でもね! でもね! 「ARISE素子」じゃなくて、「坂本真綾」なんですよ・・・
SACとか押井版基準の話を書いてたときは「田中敦子」じゃなくて「少佐」だったんですけど、、、
 これは決して坂本真綾が少佐に聞こえない、というわけじゃなくて、じぶんがまあやたんが好きすぎて好きだからが要因・・・。。。
 べつの俺がエロテキスト書いたところで、まあやたんが声をあててくれるわけでもないのになんでこんなに恥ずかしいんや! と思ってました。
 この身もだえが結構、大変でして、、、割り切るまで、締め切り4日前ぐらいまでかかりました←
 そう考えると物理的締め切りというのは偉大・・・・・・。
 
 そんな数々の苦労を乗り越えてできたのですが、
前にも言ったとおり、これをお披露目したイベントで3冊 無配本作ったんですよ。
 3冊とも文章が違うんですよ!!!!!!
 多重人格かお前、と思いました。。。が、文章が変わっても中身は一緒なので、話運びが一緒で、というか、
 前に書いたやつとかわらへんやん・・・ というわけで、いつものワンパターンを楽しんで頂けると幸いです。

 というかね? 攻殻のバトーさんと素子のいちゃラブなんてね?
ほしいと思う人がごくごく少数な上に、ほぼ99%ぐらい女の人だと思うんですよ。
 なのにこんなにがっつりエロシーン書いたらひかれるじゃないですかやだー
さらに、いうと、ふつうにエロじゃなくて後ろでやっちゃってるじゃないですかやだー
女性にしか需要がないのに女性に嫌われることやってどうするんですかやだー
 とかいいつつも、二次創作、同人なんてそんなもの。
石を投げられても、自分の作りたいモノをつくれたらええんや。。。

 と、高楊枝くわえながらも、前々からいわれてるように、お前のエロはヌケへんのじゃ! という感想も頂いておりますゆえに、
 今回のはヌケはしなくても、オカズとして食卓においておいてもいいレベルだったのか心配です。
 まあまあ よかったという人は感想なんてお手間をいただくことなど求めないので親指たてたスタンプでも。
 よくなかった、という人はりりあたんが筆・・・・・・じゃなくて買ったばかりのPomeraをへし折らない程度にオブラートに包んでアドバイスください←
 結構、切実です……。まあなんか、絵も文字もエロは才能ないですね。。やめよう、、

 といいつも次は、同じテーマで押井版素子のエロ小説ですね。。。
(いやだから、素子はそんなことしねぇっつってんだろ!)
 冬コミに受かれば冬コミ前にネット公開&再録本に収録
 受からなかったら、また、冬のこみトレあわせで無配本&ネット公開で。。。。とか思ったけど、こみトレと同日開催・同会場開催の関西コミティアの方に出たいと思ってるのでどうなるかわかりません。。。

ではでは。
決して忘れていたわけではないんです……
というわけで2年お待たせしました。ホントに出たよ! 続き物の完結編が!!!

【C94新刊】玉音が響いたあとに(下)サンプル | りりあ 

 https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=70009015



メロンブックスさんで上下巻セットであつかってもらってます。ぜひ!


 同人誌の続きものって、大概未完で終わったりするわけですが、
上巻を手に取ってくれた人、ひとりひとりに「絶対に続きは出しますんで!」と自分で宣言していた手前…でも、それを言っていた頃とは、体調が一変してしまい、寝込むことも多くなって、もはや本を作ることなんざ不可能や・・・と、コミケに受かってからもボヤボヤしてたんですが。
 まあ、ホントに出来たよ。よかったよ。

ちなみにこのエントリを書くにあたって、上巻のときに書いた紹介エントリをみたら、
『死なないためのローン』とあって
「自殺はしないかもしれないし、病気もしないかもしれない。
だが、死なないけど、日常生活が困難になるケガはするぞ!!!!!!!!!!」

 と、当時の自分に言いたい。言いたい。小一時間ほど説教したい。


 というかそんな御託はおいといて、本編の紹介しろよ!

・・・と、言いたいんですが、どっから紹介したらいいのかわからん。
 だいたい、映画作る人と映画の予告編作る人は別なんや!!!

 うーん、、、、
えっと、上巻では戦争が終わるまで。
 今回の下巻は終戦~昭和35年ぐらいを想定して話作りました。
中巻で
終戦後に艦娘をやめた間宮さんは神戸にある実家に帰ったものの、
実家は焼け野原になっていて、六甲の親族のところに身を寄せていた。
肩身の狭い中で、闇市で、ズルチン(人工甘味料・後に中毒者が多数のため禁止に)入りのお菓子を売って日銭を稼いでしのいで、進駐軍の残飯おじや(タバコの吸い殻入り)をすすっていたときに、
大陸からの復員船が舞鶴に着くことを知る。
 とりあえず舞鶴まで行った『間宮』さんは、副司令官(池田さん、といっていた人です)の姿を探すが見当たらない。
 復員局の建物に出入りする『長門』さんとケッコンした杉本さんを見つけ、副司令がもどってくるまでここではたかせてくれと懇願。
 ついでに『長門』さんのその後を知ってしばらく寝込んでしまう。
(「長門」さんのその後は、上巻にも描いたけど、ご存じの通り、クロスロード作戦にて、

で、大陸にいった副司令官(池田さん)はというと、満州とソ連との国境沿いの小さな村で、『間宮』さんと違い、平和な日々を過ごしていた。
 満蒙開拓少年義勇軍に参加した艤装を背負った少女(第六駆逐隊にそっくりな誰か)と共に国境沿いの警備をしていたが、その年の春頃から不穏な空気が漂っていた。
 『明石』『伊良湖』『大淀』・・・・・・に似た少女が新京に派遣要請が出て送り出した翌日、それは起こった。 
 昭和20年8月9日の夜更けーーー。
 日ソ中立条約を破棄して侵攻してきたソ連軍により、抗戦を強いられる。
 15日。放送で終戦を知ってもなおも攻撃をやめないソ連軍。
 別の隊の司令の指示により、義勇軍の少女を南まで退却させる。
朝鮮との国境付近で、ソ連軍により、拘束、武装解除を受ける。その際、命令に背いた『暁』(に似た少女)は射殺される。
 日本に帰るといわれ、列車に乗せられた先は、シベリアの針葉樹林の森。途中、別方向に列車が動いていることに気がついた『雷』(に似た少女)は隙をみて、列車を降りて逃亡するも、途中で見つかって射殺されてしまう。
 着いた先で、氷点下の雪の中、満足に食料も与えられながら屋外で木を運ぶ強制労働を強いられる。そこで、副司令が倒れてしまう。

 新京で終戦を知った『明石』『伊良湖』『大淀』は、逃れてくる避難民の保護をすることになる。
 その折り、ソ連軍の要求により、『料理』をできる娘をと、言われ『伊良湖』(ににた少女)が行ったものの、帰ってこなかった。
 心配をした『明石』が見に行ったものの、やはり帰らず。
 翌日に、陵辱され、心身ともにボロボロになった『伊良湖』(に似た少女)が玄関先に横たわっており「もうだれも行かせてはだめ」と『大淀』(に似た少女)に忠告する。
 『伊良湖』(に似た少女)の姿をみて、危機感を抱いた『大淀』(に似た少女)は、隠して接収されなかった艤装を担いで、ソ連軍の軍営地に赴く。
 その後、『大淀』(に似た少女)の姿を見たものはいない。

 一方、日本ではーーー。
 原爆症で死んだ弟の遺骨を『ABCC』(原爆障害調査委員会。アメリカの民間団体が設立した、原爆による影響を調査する団体)より引き取った看取った『時雨』(に似た少女)は、南米に移民することに決めて、日本を離れ、『雪風』(に似た少女)は『特別補償艦』として中華民国へ渡ることになっていた。
 また、戦火により孤児となった民間人の少女は『保護団体』が連れて行き、各地の遊郭、RAAへと売られていった。

話をシベリアに戻してーー
 過酷な労働に耐え、また、ソ連からの共産教育を受けた『電』と『響』(に似た少女)はウラジオストクから出る復員船に搭乗する順番を待っていた。
 そこで『響』はソ連側から残留の打診を受ける。悩んだ末、『電』を早急に復員船に搭乗させることを条件に、『響』はソ連に残り、以後、ソ連名を名乗って日本人ということをかくして生きていくことを決意する。
(この後、ソ連に残った『響』(に似た少女)の話は『或るロシア船籍日本艦娘の記録』とかいうスピンオフを書こうと思っておりました)

 復員船に乗って舞鶴に着いた『電』は、聞き取り調査に対し、自らの司令官は雪の中で倒れ、以後、消息不明と答えたーーー。
 と、いう、中巻でやろうと思っていた内容を全部、端折ってできたのが、
 間宮さんと副司令官の話に絞った完結編にあたる下巻です(ぉぃ

 話がどうのこうのとか語この予定していた話は、最初からやろうと思っていましたが、詳細を調べていくうちに挫折・・・というか、結構、というか、かなり精神的にキてしまいました。 
 暗い話ばっかりを考えていたらあかん! と思って、『艦娘とめぐる満州旅行の栞』をつくって、気力を持ち直そうとしたんですが、やはり、それでも、シベリア抑留や、戦後のあれこれとかを調べたり描いてると死にそうになってしまったので、

とりあえず、これは「間宮」さんと「提督(になれなかった)」誰か。の物語や!!!

と、割り切りました。
 さきの話と重複しますが、同人誌の続き物って、続きがでなかったり、完結しないっていうのがザラなので。
 誰も! 待ってなくても! ちゃんと”終わらせた”んだよ!!! えらいでしょ!! 
(ハードルを低くして倒していくスタイル)

 まあまあ ハッピーエンド(当社比)な終わり方をしたと思います。
っていうか、書けなかった戦後のあれこれはともかくとして、
話は超がつくほど自分の性癖ばりばり(エロいシーンは特に性癖ではないけど・・・)なので、はぁはぁしてくれたらうれしいです。


なんか下巻かいてて、これエロいらんかったやろ。。。とか、
自分の画力でなんともならないシーンがあるんだから小説でやれよ、
とか、これ「艦これ」ちゃうやろ・・・なんで満洲やねん
と下巻をつくりながら、というか原稿するためにクリスタを開くたびにおもいましたが、、、

つまりなんというか、
人間、歴史に学んだら、歴史から何も学べてないことに気がつくんだよ!!!!(ズバーン)
ということに気がついた、長い長い同人誌作りの旅でございました。。。

 あ、あと、上巻つくったときのコミケの配置が誕生日席だったんですけど、
こんなピコ手でも、ジャンルブースト、誕席ブーストはある! ってことも分かりました。
 それにだまされてはいけない(戒め)。

 というわけで、まだスプーン 余ってるので、下巻だけほしいーーという方はお気軽にお問い合わせを。上巻だけほしいいという方もお問い合わせを。もしくはコミックZINさんが気長においてくれてるはず・・・です。(なんも連絡ないのであると思う)

ちなみにスプーンなんですけど、思ったよりもしっかりしたスプーンがきて、びっくりしました。自分で発注しといてなんなんですが、「うわっ、やべぇ!!」とかおもいました。

 普通にレストランで出てきそうなスプーンです。大きさはカレー食べれるぐらい。。
 いや、甘味処間宮 なんで、デザートスプーンの方がよかったかなぁと思いますが、
まあまあ、なんであの大きさなのかは、本文読んでください。

 とりあえず、つべこべいわずに本よみたいというかたは、メロンブックスさんがふとっぱらに上巻下巻セットで預かってくれたので、ポチッとして頂けると助かります。(俺もメロンさんも)


よろしくおねがいします。(・o・)
 だいたいサンプルが、ウリにするところと全然違ってるやろ! というのは認める。
 あ、エロシーンは間宮さんといちゃらぶなあなるせくろすと明石さんといちゃらぶななかだしせくろすがあります(身も蓋もない)
 間宮さんのあなるせくろすなエロ本って、貴重やで!!!!(コラ



最後に
ページ数の関係で参考文献リストをのっけられなかったのですが、いっぱいの読んだ参考資料の他に、
 ・舞鶴引揚記念館(京都府舞鶴市)
 ・満豪開拓平和祈念館(長野県下伊那郡)
 ・海外移住と文化の交流センター(兵庫県神戸市)
に行って、しつこいぐらい学芸員の方に質問しまくりました。

 特に満蒙開拓平和祈念館と、海外移住と文化の交流センターの学芸員の方には2時間近く話を伺いまして(!) 本当にありがとうございました。
 双方の学芸員の方も「熱心に色々調べてらっしゃるんですね!」とるんるんで腕巻くってお話してくれましたが、まさかそれが2次エロ漫画を描くためとは、最後まで言えませんでした。。。いや、本当、ありがとうございました。
 海外移住と文化の交流センターで聞かせて頂いた話は、本当に1ページしか出てこないのですが、また追々、なんらかの形にしようかと思います。

 合同誌に参加するときは締切をきちんとまもってください!(悲鳴)

というわけで、またやらかしてしまいましたが、主宰さんの太平洋よりも広い懐で参加させて頂きました。
 みんなの旅程本 とらぷら 旅行計画を立てるのに参考になるものを・・・と、いうわけで、何年も前にいって、いまだ本にしていない、台湾・金門島&中国・厦門の旅行の一部始終を書かせて頂きました。
いつもの評論本よりも、シークレットブーツ履いて背伸びしてるおしゃまさんな文章で載せて頂いております。オホホ。

 当時は金門島も厦門もろくなガイド本がなく、中国語の現地の市役所の情報を漢字から推測して、行き方とか調べてたなぁ~とか思い出しながら書いていると、中国でボッタくられたこととかボッタくられたこととかボッタくられたこととか、ボッタくられたこととか思い出して、キェェェェェ! と夜中に叫んでました。
 ホンマ、中国旅行が好きな奴とか、キチ×イですわ(by,塩爺)

 よそ様の本に、書くべきことは書いたし、自分で本を作るのはもう満足……と思ったんですが、

 合同誌の主旨により、泣く泣く削った中国人との心温まる交流(という名のぼったくり)エピソードなんかは、またおいおい書いていきたい、、、というか本作れ? って感じになりました。はい。
 
 と、まあそんなこんなで、俺以外の人の素敵旅行のプランニングを楽しんでください~。よろしくおねがいしまする。
前回、「書き終わったし夏コミの原稿するうううう」と言ったな。あれは嘘だ。

……というか、前回書いたやつが、あまりにもしんどすぎて「エロいの書きたい!!」とおもってしまったんですよ。
 これ、俺だけの現象かもしれないんですが、真面目なものを書いた後に、その反動が一気にきて、「えええい、こんなお堅くて真面目なやつではなく、エロいのが書きたいんじゃああああ」ってなってしまうんですよ……。
 毎度、毎度、書き終わった後に、こうなってしまうのは、なんでなんだぜ…。
 そういえば山野先生もいってはった! エロシーンは清涼剤って!

というわけで、コミケの当落までにエロいの1本書こうと、ふと思い立ったので書きましたん。
きっかけは神絵師のこのツイート↓
 ふあああああああああ って感じですね!(語彙力無し)

というわけで、神絵師に返せるモノはないけど、俺も妄想垂れ流す・・・! というわけで書きました。
 押井版の『GITS』で素子がダイビングから上がってから、夜になるまでのところだよ!

「チタンの魚」/「りりあ」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9711130

....って、タイトル! そのまんまかよ! そのまんまだよ!
 真面目なモノを書いたあとの息抜きエロなので、話は単純明快、、というかありきたりというかなんというか。
 ストーリー部分の文章の兼ね合いで、エロ小説なのに全くヌケない…という本末転倒の事態が発生し……小一時間ほどR-18タグを付けるか悩みました。。
 たぶん、付けなくてもいいぐらい、ヌケないよ!←←
 本番致すまで書いて、その後の『バトーの体、どこまでオリジナルなの?』に繋げる話を。。。と思ったんですが、たぶん、そこまで書いてしまうと、また泥沼にハマりそうなので止めました。明日のために今日は撤退!
 あと、案の定、素子を喋らせると、すぐにSAC素子になってしまい、1日ほど「飛影はこんなこといわない」状態で悩んでました。。。。加減、難しい!  

 んでもって、クルーザーの描写なんて初めてしたので、構造がわからん、、、、!
 と、ぐぐったら、なぜか@homemateという賃貸情報サイトが詳しく、、、
 インターネット黎明期の自営業者の事業サイト兼個人サイト的な雰囲気を醸し出して、っていうか、小さい会社の社長の趣味丸出し感が純喫茶に迷い込んだ感じで味わい深かったです。へへへ。

 今回、電脳内の表現方法をあんな感じにしてみましたが、雰囲気だけは伝わったでしょうか。
 なにぶん、もう20年ぐらいコマンド叩くことってなかったので、結構、あやふやの記憶で書いてます。
 現職の方で それは違う! とか、こっちの方が適切! とかあれば、コッソリ教えてください。コッソリ訂正します。。。

 うーん、それにしても攻殻でエロを書くの難しい。難しく考えすぎて難しい。でも、すでに2回も難しく考えたので、次、書くことがあれば(あるの?!)、もう何も考えずに押し倒して、みさくら語満載な感じで素子をアヘらせて書くことにしゅるぅううううう!
  でもそうするとまた「素子はそんなことしねぇ!」と怒られそうだは…。
んじゃまた!
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 りりあ]
[05/31 妙子]
[09/22 妙子]
[08/16 りりあ]
[08/16 妙子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
りりあ
性別:
非公開
自己紹介:
主に海外の戦争廃墟にヒギィっていっちゃう変態です
バーコード
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) information of ”Re.set" All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]