忍者ブログ
ぼっちサークル『Re.set』の活動履歴
[1] [2] [3] [4]
 合同誌に参加するときは締切をきちんとまもってください!(悲鳴)

というわけで、またやらかしてしまいましたが、主宰さんの太平洋よりも広い懐で参加させて頂きました。
 みんなの旅程本 とらぷら 旅行計画を立てるのに参考になるものを・・・と、いうわけで、何年も前にいって、いまだ本にしていない、台湾・金門島&中国・厦門の旅行の一部始終を書かせて頂きました。
いつもの評論本よりも、シークレットブーツ履いて背伸びしてるおしゃまさんな文章で載せて頂いております。オホホ。

 当時は金門島も厦門もろくなガイド本がなく、中国語の現地の市役所の情報を漢字から推測して、行き方とか調べてたなぁ~とか思い出しながら書いていると、中国でボッタくられたこととかボッタくられたこととかボッタくられたこととか、ボッタくられたこととか思い出して、キェェェェェ! と夜中に叫んでました。
 ホンマ、中国旅行が好きな奴とか、キチ×イですわ(by,塩爺)

 よそ様の本に、書くべきことは書いたし、自分で本を作るのはもう満足……と思ったんですが、

 合同誌の主旨により、泣く泣く削った中国人との心温まる交流(という名のぼったくり)エピソードなんかは、またおいおい書いていきたい、、、というか本作れ? って感じになりました。はい。
 
 と、まあそんなこんなで、俺以外の人の素敵旅行のプランニングを楽しんでください~。よろしくおねがいしまする。
PR
前回、「書き終わったし夏コミの原稿するうううう」と言ったな。あれは嘘だ。

……というか、前回書いたやつが、あまりにもしんどすぎて「エロいの書きたい!!」とおもってしまったんですよ。
 これ、俺だけの現象かもしれないんですが、真面目なものを書いた後に、その反動が一気にきて、「えええい、こんなお堅くて真面目なやつではなく、エロいのが書きたいんじゃああああ」ってなってしまうんですよ……。
 毎度、毎度、書き終わった後に、こうなってしまうのは、なんでなんだぜ…。
 そういえば山野先生もいってはった! エロシーンは清涼剤って!

というわけで、コミケの当落までにエロいの1本書こうと、ふと思い立ったので書きましたん。
きっかけは神絵師のこのツイート↓
 ふあああああああああ って感じですね!(語彙力無し)

というわけで、神絵師に返せるモノはないけど、俺も妄想垂れ流す・・・! というわけで書きました。
 押井版の『GITS』で素子がダイビングから上がってから、夜になるまでのところだよ!

「チタンの魚」/「りりあ」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9711130

....って、タイトル! そのまんまかよ! そのまんまだよ!
 真面目なモノを書いたあとの息抜きエロなので、話は単純明快、、というかありきたりというかなんというか。
 ストーリー部分の文章の兼ね合いで、エロ小説なのに全くヌケない…という本末転倒の事態が発生し……小一時間ほどR-18タグを付けるか悩みました。。
 たぶん、付けなくてもいいぐらい、ヌケないよ!←←
 本番致すまで書いて、その後の『バトーの体、どこまでオリジナルなの?』に繋げる話を。。。と思ったんですが、たぶん、そこまで書いてしまうと、また泥沼にハマりそうなので止めました。明日のために今日は撤退!
 あと、案の定、素子を喋らせると、すぐにSAC素子になってしまい、1日ほど「飛影はこんなこといわない」状態で悩んでました。。。。加減、難しい!  

 んでもって、クルーザーの描写なんて初めてしたので、構造がわからん、、、、!
 と、ぐぐったら、なぜか@homemateという賃貸情報サイトが詳しく、、、
 インターネット黎明期の自営業者の事業サイト兼個人サイト的な雰囲気を醸し出して、っていうか、小さい会社の社長の趣味丸出し感が純喫茶に迷い込んだ感じで味わい深かったです。へへへ。

 今回、電脳内の表現方法をあんな感じにしてみましたが、雰囲気だけは伝わったでしょうか。
 なにぶん、もう20年ぐらいコマンド叩くことってなかったので、結構、あやふやの記憶で書いてます。
 現職の方で それは違う! とか、こっちの方が適切! とかあれば、コッソリ教えてください。コッソリ訂正します。。。

 うーん、それにしても攻殻でエロを書くの難しい。難しく考えすぎて難しい。でも、すでに2回も難しく考えたので、次、書くことがあれば(あるの?!)、もう何も考えずに押し倒して、みさくら語満載な感じで素子をアヘらせて書くことにしゅるぅううううう!
  でもそうするとまた「素子はそんなことしねぇ!」と怒られそうだは…。
んじゃまた!
 攻殻機動隊SACの二次小説書きましたん。
 一応、SACの設定を基準で書いたけど、まあ、押井版でも通用する感じかなぁーって感じ

「天使の姿はまだ見えない」/「りりあ」の小説 [pixiv]
 
以下、むしろ本編なあとがきという名前のいいわけ。

 2月にバレンタインテーマのSSを書いたんですけど、コレ書いた後に「一年かけてバトーと素子がいちゃいちゃちゅっちゅする短編連作を作ろう!」と発作的に思いつき、1ヶ月に1回はキツいので、2ヶ月に1回で、次は4月だ!!!
 と、思ってたらもう6月やで。。。 いや、4月終わった時点で半分諦めてたけど、、。
 というわけで、4月アップ分なので春で、まあ攻殻だし? 『桜の24時間監視』で素子がクゼくんのことを思い出してバトーさんが嫉妬する話でも? と思った結果。
読んだら分かりますが。

どうしてこうなった!!!!!!!

 いや、その。あの。その。

 SAC見直したらさー、バトーさんが素子好きなのは分かるけど、さりげなさ過ぎて、なんでバトーさんはこんなに振られ続けるのに素子のこと好きなの? 
 っていうか、むしろ、バトーさんになんかあるたびにトグサくんが胃に穴が開きそうなぐらい心配しててさー。(The Laughing Man でかなり顕著です)
 2ndGIGでもバトーさんがケガしても素子は全然心配してねぇじゃん!!!!!
 トグサくんの方が心痛めてるやん!!!!
むしろ、SAC世界線にバトーと素子の要素なんてないんじゃないか????
 という、事実に気がついたっていうのと。 

『イノセンス』の後半あたりに(ネタバレするお)
「いけよ、ポイントマン。後ろは俺がかためる」
っていう、セリフがあるんですよ。
 このセリフはお互いに信頼関係が築けてるからこそ、出てくるっていうのは理解できるんだけど、やっぱりさー、素子を先に行かせると心配やん?
 SACでもなんで俺がバックアップなんだよ とか、それに近いこといってるやん? でも、そのうちバトーさんも納得してバックアップしてるやん? なんでなんや! 
 
 とか、そんなクソどうでもいいことを考えてながら「春」とか「桜」とかテーマに書いてたら。

もう、ホンマ、自分で読み返すのもかったるいぐらい、おもしろくねぇの←

「あれ? これ面白くないんでは・・・?」→数日寝かせる→読み返す→「やっぱりおもんねぇ!」→とりあえず続き→「やっぱりおもんねぇ! やめ!」→寝かせる→ふりだしに戻る を延々 延々 3ヶ月繰り返してました。。。
 たった5000字に3ヶ月!!!! 遅すぎ!!!

 途中で、「もう全部書き直して、話も花見して酔っ払った素子がバトーさんに勢いで襲いかかるだけでいいんでは??」と5000回ぐらい思いました。ええ。思いました。
 
 というか、そもそも2ヶ月に1回 短編連作でーなんて誰にも言ってないからアップなんてしなくてもいいし、ネットで無料公開するもんだからこんなもんでも・・・と思ったんですが、
自分でも読み直すだけで眠気が襲ってくるのを「書きました!」って上げるのもどうやねん、
それにこれ以上、引きずると夏コミの原稿にも差し障ってしまう……。
 諦めるか。。。いや、でもアップしないとずっと悶々としてそう…

 と、1週間前ぐらいに本腰入れて、もいっかい手をいれました←
本文に出てくる金平糖は最初、氷砂糖だったんですが、
「とりあえず、氷砂糖買ってきて食いながら書けば、はかどるかも!」と、買いに行ったら
近所のスーパーに置いてねぇの!(もちろん焼酎とかにつかうのはあるんだけど、お菓子として・・)
 探して探して ようやくドラッグストアにありました。
 今は、非常食として氷砂糖は持たないのか・・。塩飴とかなのかな・・・。
 と、ここで自衛隊のレーション食を調べたら、金平糖+乾パンが出てきたので、「うーん、間宮さん本で金平糖つかったしなぁ・・・」と思いつつ、
 まあ実際に自衛隊が金平糖を携行食にしてるなら従わざるをえない・・・と、思い切って変えてみたら、割とすんなり筆がすすみました。
 問題は、そこだったのかよ!!!!!!!! 
 あれですね、ネタは足を使わないと拾えないってヤツですね。。。たはは。。。。

 というわけで、その後、超大作ADV『ニルハナ』を作ったゆにっとちーずの山野先生に無理言って下読みしてもらいつつ、なんとかお披露目できることとなりました。
みんな山野先生に感謝して『ニルハナ』買えよ!

 のたうち回り、壁に頭を打ち付け、自分の文章能力に鬱死しながら書いてたんですが、フタをあけてみれば、ようやく「りりあたんが作ったんやなぁ~」って感じの話になったかと思います。
よかったよかった(俺が)
 お楽しみ頂けたら幸いです。

 が。
 4月にアップするテーマが『春』とか『桜』の小話 という視点から見れば、
締切りに遅れる→この時点で0点
テーマ→固く考えすぎて大幅減点
 と、たぶん評価としてはー80点ですね。オイミャコン村もびっくり!

 中学校の時の国語の時間で、『春』をテーマに小論文を書く課題があって、
 ぜんぜん思いつかないから「春という季節は2月3日の節分からー」と「春という季節の解説」を書いたら、0点食らったことを思い出しました。昔から文才ない!! 絵も描けない! 

 次は6月! ジェーンブライドをテーマに素子とトグサくんがいちゃいちゃして、バトーさんが嫉妬する話を書く!!!!!

  とか思ってたんですが、まあたぶんこんな調子なので、書いてアップできるかっていうと、、、
アップしてたら奇跡ですね・・・。まあ奇跡って起きないから奇跡っていうんですけど・・・。

 というわけで、とりあえず先に夏コミ原稿させてくださいいいいいい。

まあ夏コミ落ちてたら頑張って書くわ。 んじゃまた!
なんというか、飢えてしまったけど供給があんまりないので、自分の足を食うしかない。。。という気持ちで、普段つくらないバレンタインSSみたいなものを書きました。。。。
 元ネタは攻殻機動隊S.A.Cです。押井版でもARISEでも実写版でも無く、SACです。
 お前どんなけハマってんの、、、と言われてます。
ほんと、どんなけハマってんのや! 勧めてきた友達が悪い!!

 前回のSSは趣味。。。というか性癖フルスロットルなものを書いたら『草薙素子はこんなやつじゃねぇ!』と身内問わず、えらく叩かれたのでその辺、気をつけてみました。
 が、書いてみたら なんだかバトーさんが予想以上にデレデレになっちゃったので、これまた叩かれてしまう。。。あああああああ。

今回はエロシーンはないので全年齢向け。pixivにアップしています。
「タチコマの贈り物」/「りりあ」の小説 [pixiv] https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9242028

 最初、『ギブミーチョコレート』というタイトルを想定して書き始めたんですが、一通り筋書き書いたら「これなんか、『賢者の贈り物』っぽくない?」と思って、タチコマが全然関係しないけど、タイトルをもじりました。
 で、ついでに参考として20年ぶりぐらいに『賢者の贈り物』を読み直してみたんですよ。

「大切なモノはなくなったけど、お互いを思う気持ちを確かめあえた!」たいな美談のイメージを持ってたのですが、
どっちかっていうと「一緒に暮らして夫婦になってんのに、互いの考えてることもわかんねーのかよばーか。これも貧乏が悪い。貧すれば鈍するの典型(プケラ」
って感じでした。まじでまじで。
 せやな。貧乏出なかったら嫁は髪を売らずに旦那の時計チェーンを買ってるし、旦那は時計売らずに嫁のクシ買ってるわ! 全部、貧乏のせいだ!
 というか、作者のO.ヘンリー自体、横領罪で刑務所に収監されているときに作家として台頭したらしく、他の短編を読んでも「貧乏人はこれだからよぅ」みたいな作風で、我々が思っていた心温まるイメージがガラガラと音を立てて崩れました。
 翻訳者によってこのへんの解釈をねじ曲げて美談にしてるものもあるので(絵本版とか)
このへんはお前がそう思うんならそうだろう。お前の中ではな! って感じですかね?
 そう考えると、ハヤカヤSF文庫の海外モノの翻訳は、読みにくいけど正確なんやなーなんて、いまさらながらに思いました。

 それにしても!ネットにアップする想定の小説なのに読みにくいですね。。
紙には紙の、画面には画面には画面の読みやすさがあるのですが、そこんところ全然考慮できる時間がなかったのでー、というか
バレンタインSSだから、なにがなんでも2月14日にアップしたい!!! 勢いだけでアップしたのでーー次は、、、がんばりたい。←はい、これ前にもいった。

 というか、ネットにアップする前提の、仕事でもない文章を書くのは気合い入れるのが大変で書くのがめっちゃしんどかったです。ネットだけで活動してる人はえらい!! 
 おら、締切がなかったら、何も出来ないよ・・・・・・。

 あ、本編のことは、特にひねりをきかせた話でもないので語ることはないんですが(おい)
ふだんのりりあたんが逆立ちしても作らない話なので、アルコール度4%ぐらいのお酒を飲みながら読むと、丁度良く感じるかもしれません。
 というか、話自体がくだらねぇから酒飲んで酔っ払って読むぐらいでいいよ!
 俺だってこんなベッタベタないちゃらぶものをシラフで書けないから途中から酒飲みながら書いてたわ!!!!←←

 はあはあゼイゼイ。

 あと、どうでもいいですが、話の中で素子が付けてる香水のモデルは『バーバリー ブリッドレッド』という12年ぐらい前の限定モノ。
すでに廃盤ですが、もしかしたらどっかのバッタ屋に流れて、まだ置いてるところがあるかもしれない。
 海外旅行に勤しんでいた頃、冬のヨーロッパのクリスマスなイメージはこの香水でした。
 どこかでお目にかかる(匂いを嗅ぐ?)ことがあれば、あの甘ったるい匂いに驚愕してほしいっす。
 甘い甘いとだけ書き連ねてますが、実際には甘さの中にスパイシーな要素があって かなりオトナの女性 しか似合わないのでは? とテスターで思った記憶があります。
 
とか、書くと、書いた人の性別が見えるからいやだし、そもそも素子はそんなものつけない←

まあいいや んじゃまた。
女性提督百合合同『春咲き誇る花は艦と桜と百合の会わさるるが如し』に参加させて頂きました。

何を描いたのかというと、

こんな感じの1コマ目は金剛さんな、間宮さんと百合提督のいつも通り、っていうか、
これを読めば「だいたいコイツの描くものはこんなんなんだろうなぁ~(うわー地雷や~)」
っていうのが凝縮されたお話です。
いや、これ百合である必然性が・・・・・・とかこまけぇことはおいといて、
話自体は自分の中でも結構イイ出来になったなぁーと自画自賛してますんで、是非、読んでみてくれぃ!

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/13 りりあ]
[05/31 妙子]
[09/22 妙子]
[08/16 りりあ]
[08/16 妙子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
りりあ
性別:
非公開
自己紹介:
主に海外の戦争廃墟にヒギィっていっちゃう変態です
バーコード
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) information of ”Re.set" All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]